ウエスト引き締め系エクササイズ

ツイストクランチ

 

 ウエストには腹筋だけでなく、側筋と呼ばれる、お腹の両サイドを支える筋肉があります。この側筋をエクササイズすれば、ウエストラインを美しく引き締める事ができ、バストとウエストラインの差が生まれ、バストを大きく見せる事ができます!今回ご紹介するエクササイズは、まさにそんな側筋に、強力に効くエクササイズ「ツイスティングクランチ」です。

 

 是非このツイスティングクランチでウエストラインを引き締め、バストを大きく見せて、貴方の魅力を更に高めて下さい。

続きを読む≫ 2016/12/10 09:00:10

サイドブリッジ

2016/08/29

 

 エクササイズは苦手だけど、バストを大きく見せる為に、ウエストラインを引き締めたい!と、思っている方には、今回紹介するエクササイズは最適です。

 

 今回紹介するエクササイズは、何とテレビを見ながら行う事ができます。その名も「サイドブリッジ」です。

 

 このエクササイズは、テレビを見ながら行うのに最適なエクササイズです。テレビを見ている時は、このエクササイズを行うすれば

 

 「何となくテレビ見る時に継続してやっていたら、ウエストラインが引き締しまって、バストとウエストラインの差ができて、グラマーになっていた!」という事も充実有り得ます。

 

 テレビを見ながらグラマーな未来を勝ち取って下さい。

 

ウエストラインを引き締めるサイドブリッジとは?

 

 サイドブリッジは、ウエストラインを引き締めるのに効果の有る、筋肉に幅広く効果の有るエクササイズです。簡単に言うと、横を向いた姿勢をキープするだけなので、テレビを見ながら行う事ができ、時間を有効に活用できます。

 

 また、継続していく事で、ウエストラインが引き締しまり、更に、体のライン、シルエットが美しくなるでしょう。勿論、ウエストラインが引き締しまるので、バストとウエストラインの差により、バストが大きくなったように見えるでしょう。

 

サイドブリッジの具体的なやり方

 

サイドブリッジ
出典:第一三共ヘルシーレシピ

 

@横を向いて真っ直ぐ床に寝そべります

 

A床側の手の肘から手の間を床に付けて、床側の足を小指側を床に付けて、体をグッと起こします

 

B起こした姿勢を30秒キープします

 

30秒が難しい方はできる範囲で行って下さい。

 

CBの後体をゆっくり下ろし、10秒程休みBに戻る

 

1日にBCを3〜4回繰り返すと良いでしょう。

 

※参考:Youtube動画

 

サイドブリッジの効果とは?

 

 サイドブリッジは、腹筋、側筋、体幹などを総合的に効果が有り、ウエストライン全体を引き締める効果があります。

 

 このエクササイズはウエストラインの周囲に負荷が掛かるので、初めはやるとプルプルしてしまうかもしれませんが、初めてこのエクササイズをやる方の多くはそうなるので安心して下さい。

 

 慣れれば自然とプルプルせずに、ピシッとキープする事ができるようになります。

 

最後に

 

 サイドブリッジは、テレビを見ながらでも行えて、効果的にウエストラインを引き締める事ができるエクササイズです。
サイドブリッジ

 

 サイドブリッジは、テレビを見ながらでもできるので、エクササイズが、なかなか継続できないという方は、テレビを見てる時に、このサイドブリッジ行うようにする事で、継続させ易くなると思います。是非、チャレンジしてみて下さい。

続きを読む≫ 2016/08/29 06:53:29

2016年7月29日

 

ウエスト

 

 バストを大きく見せるにはどうしたら良いか?それには、ウエストラインを引き締めて、バストとウエストラインの差をつければ良いのです!この記事では、ウエストラインを引き締めるエクササイズ「レッグレイズ」を紹介します。是非、このエクササイズを活用しウエストラインを引き締め、バストを大きく見せて、貴方の魅力をアップさせて下さい。

 

ウエストラインを引き締めるレッグレイズとは?

 

 普段余り運動をしない方が、いきなり辛い運動をする事は難しいと思います。しかし、ここで紹介する、レッグレイズは、普段余り運動をしない方でも無理なく行う事ができ、しっかりと腹筋を効果的に鍛えられます。

 

 しかも、このレッグレイズは膝の曲げ延ばしで簡単に自分でエクササイズの負荷を調節できるので、自分の筋力に応じたエクササイズにできます。このレッグレイズを継続して行えば、ウエストラインをギュと引き締める事ができるでしょう。

 

レッグレイズの具体的なやり方

 

@床に寝そべります。この時、腰の下にタオルを入れるか、マットがあればマットを入れます。

 

A寝そべった状態から、足を太ももの付け根から90度くらいの角度まで、ゆっくりと上げます。できるだけ膝を曲げずに行うと効果的ですが、初めは多少膝を曲げても大丈夫です。

 

 膝を曲げる程、負荷を減らす事ができます。いきなり、無理に膝を曲げずに行わなくても、慣れれば自然と膝を曲げずに行えるようになります。

 

BAの後にゆっくりと床に足を下ろします。

 

CAとBを繰り返します。

 

足を上げて1回、これを10回1セットとして、セット毎に休憩を挟み1日2〜3セット行うと良いでしょう。

 

 

レッグレイズの効果とは?

 

 レッグレイズは、腹筋に働きかけ、ウエストラインを引き締める効果が有ります。膝を曲げずに行うのが難しい方は、膝を曲げて行う事で負荷を調節できるので、難しい方は膝を曲げてチャレンジして下さい。また、エクササイズ中に腰に痛みや違和感を感じたら、その日は休んで、2〜3日様子を見てから再開するのが良いでしょう。

 

 

最後に

ウエスト

 このレッグレイズは、腹筋に働きかけウエストラインをギュと引き締める事ができるエクササイズです。しかも、負荷を膝の曲げ延ばしで調節できるので、余り運動をしない方にもオススメです。

 

 しかし、その反面、負荷がそこまで大きくないので、もしこのエクササイズが楽に行えるようになったら、クランチに移行した方が良いと思います。

続きを読む≫ 2016/07/29 07:24:29

詳細はこちら!