ブラパットノウハウ

ブラジャーでバストを大きく見せる方法をご紹介いたします。

 

ブラとパッドで「自然で大きいバスト」を作る方法

>>>パットで盛るだけは物悲しい・・・

 

陥りがちなミスとして、単純にパッドで盛る、というもの。パッドを入れると確かにバストの高さが出ますので一見すると大きく見えます。が、問題は服の上から分かる『質感』です。

 

 

ブラもパッドも基本、柔らかいものではありません。女性のバストは1割の乳腺と9割の脂肪で出来ているのでとても柔らかいです。ブラにパッドを入れて大きさを出そうとすればするほど、固く不自然なバストが完成してしまいます。じっと座っているならまぁ、アリかも知れませんが、歩けば必ず不自然さはバレます。何故なら、揺れないからです。

 

>>>不自然・・・

 

柔らかく大きなバストは歩く振動により必ず揺れます、揺れてしまうのです。でも、パッドでカサ増ししたバストはほぼ揺れないでしょう。そうまでして大きく見せたかったのか、と痛々しい心配をされてしまう前に、是非、こちらの方法をお試し下さい。

 

 

まず、

ブラジャーは限りなく柔らかい素材のものを使用する。

【ワコール】コンフォート 綿混素材ワイヤーなしブラジャーA・B・Cカップ

ブレストケアブラ(ワイヤーなし) 【セシール 通販 楽天】

シームレスカップブラ(Tシャツみたいなブラ(R))(ワイヤーなし・3/4カップ)(D70 D75) 【セシール 通販 楽天】

綿素材のノンワイヤーぐらいがベストです。一般に販売されている国産の3/4カップブラなどは基本どれも、固めの作りです。とくにワイヤーが入っていると下への振動を防いでしまいますので、なるべくなら柔らかく、しなやかな素材のブラジャーを用意して下さい。この時コツとして、

バストに対しわざと小さめのブラを選びます。

理由は後ほど。合わせて
限りなく柔らかいパッドを用意しましょう。

【送料無料】シリコン乳房乳房挿入ブラジェルパッドフォームSoftleaves C100 Silicone Breast Enhancers Breast Forms Bra Inserts Gel Pads

オイルパッドブラ クラシカルローズ【バストアップブラジャー】【RCP】10P27Jun14

 

ジェルパッドやオイルパッドなど、流動性のあるものがベストです。重みも演出できるので、オススメです。後は普段どおり、

バストと脇や背中のお肉をきっちりとブラに詰め込みます。
小さめのブラですので、おそらくこの時点でバストはこんもりしているはず。ジャストサイズのブラではこのこんもり感が出ないのです。そして
バストの脇横側にパッドを入れて下さい。

これはとても重要です。普通、パッドはカップ前面に入れるものですが、大きく見せたい場合には前面ではなく横、脇の近くに入れます。バストの輪郭の外側に沿わせるように入れます。さぁ、歩いてみましょう。

そう・・・『揺れる』んです!

 

 

ブラに収まりきらず溢れたお肉が多いほど揺れるんです。大きさだけを追求して揺れないバストよりも、歩く度にゆさゆさと揺れるバストの方が結果として大きく見える(=本物に見える)んです。

 

 

巨乳の女性を見てみると良く分かりますが、皆さんバストの脇横側にきちんとお肉がついています。ブラ+パッドという通常のやり方では、この肝心な横乳の部分が貧弱なのにバスト前面だけが突き出ていて、なおかつ揺れない、だから不自然なのです。

 

 

大きさよりも「揺れ」に意識を置いて、是非一度この方法を試してみて下さい。

続きを読む≫ 2014/06/30 23:52:30

詳細はこちら!