食事でバストアップ

胸を大きくする方法,バストアップマッサージ,馬場ふみか

人気モデルでグラビアもこなす「馬場ふみか」さん。Gカップの美しいふわふわボディ。モデルだけでなくグラビアもこなすことからバストケアには相当気を付けているようです。

 

女性も憧れるふわふわマシュマロセクシーボディ。その作成方法の秘密を除いちゃいましょう!!

続きを読む≫ 2017/03/13 07:12:13

日比谷亜美

習慣プレーボーイが実施した「おっぱい国勢調査」。巨乳グラドルたちの実態を把握し、どうすれば乳が大きくなるのかを解明するため、グラドル30人にアンケートを取った面白企画で内容が面白いのですが、食事においてとても良いアンケート結果が出ていたのでまとめてみました。

続きを読む≫ 2017/01/08 10:47:08

大川藍

2016/11/05

 

 元「アイドリング」のメンバーで、抜群の可愛さからJJ専属モデルとなりテレビ雑誌で活躍中のタレントさんです。若い男女に大人気です。

 

 最近写真集を発売しており、胸を大きくする秘訣で自身の経験で「ごはんを食べずに週3で焼肉を食べたら大きくなった」と公言しました。

 

続きを読む≫ 2016/11/05 16:58:05

ココナッツオイル

2016/10/30

 

 美容効果が高いことで知られている「ココナッツオイル」。

 

 

 サプリでもないのに即効性のあるその効果を感じれば病みつきになる「ココナッツオイル」。

 

 

 今回はその効用を検証しましょう。

 

 

 バストアップとの関連も噂されている秘密にもスポットを当てます。

続きを読む≫ 2016/10/30 20:21:30

アーユルヴェーダ

 アーユルヴェーダとは、インド発祥の伝承医学で、その歴史は5000年にも遡ると言われています。身体だけでなく、心などにもフォーカスした自然医療で、その治療は薬の処方だけでなく、食事や仕事などライフスタイルのアドバイスまで及びます。そこには病気を良くするだけでなく、「なりたい自分」になるための秘訣がたくさん含まれています。生活にヨガを取り入れている人も多いと思いますが、このヨガもアーユルヴェーダの治療の一部として古典書に書かれているんです。

 

 

 では、アーユルヴェーダの考え方に基づいたバストアップの方法には一体どんな方法があるのでしょう。バストアップに必要な「女性ホルモン」を増やす方法は、古典書を読み解くと明らかになってきます。

 

 

 アーユルヴェーダでは、身体の組織をプラズマ細胞、血、筋肉、脂肪、骨、脳、生殖器という7つに分けています。(西洋医学の視点とは異なる視点も含まれています)取り入れた栄養が各組織に作用し、その後次の組織に栄養が行き渡る、という順番もこの通りにできていると言われています。最初の組織として書かているプラズマ細胞。これは古典書では”ラサ”と呼ばれ、この組織からさらに作られる人間の器官(機能)として、月経、母乳、胎盤があります。

 

 

つまり女性ホルモンに関係する組織がこの”ラサ”から作られているというのです。

 

 

インド5000年の伝承医学アーユルヴェーダ的バストアップ法

 

 そこで、この”ラサ”組織を強くするのに一番簡単な方法として、効果的な食材を摂ることがあります。その食材とはザクロや大豆がありますが、特にオススメはザクロ。女性ホルモンにはザクロが良い、ともてはやされた時期もありましたが、アーユルヴェーダの考え方にも則っている素晴らしい食べ物です。

100%ピュア・ザクロエキス 500ml(丸ごとしぼり)8倍濃縮タイプでお得/送料無料/ザクロ/ザクロジュース/ざくろ/ざくろジュース/妊活

ざくろジュース エストロゲン(女性ホルモン)を15倍も濃縮している、無添加・農薬不使用・無着色のペルシャ産5倍濃縮ザクロジュース。送料無料。ざくろジュース 2本セット

冷凍フルーツ ザクロ×500gクール便[冷凍]にてお届け20個まで1配送でお届け【2?3営業日以内に出荷】

ザクロの実【送料無料】美容・健康におすすめのスーパーフード [ザクロ ざくろ フリーズドライ 果実 タネ 種 種子 乾燥 ドライ 石榴 美肌 健康 女性 ホルモン 果物 フルーツ] 1,000円ポッキリ ぽっきり

 

 

 日本ではなかなか果物のままでは手に入りにくいですが、ザクロジュースであればスーパーやネット通販などで購入することができます。1日200ミリリットル程度を好きな時に飲むだけで女性ホルモンを増やすことができる、夢のような食材です。もちろん大豆もオススメですが、アーユルヴェーダの考え方では、潰されすぎている食材は食べ物の持つエネルギーが失われているという考え方があります。その為、豆乳よりは豆腐や煮豆などの食べ方をオススメしています。

 

 

 今回お伝えしたアーユルヴェーダの知識は、理想の体に近づくための真理を教えてくれます。いよいよ夏本番、バストラインも気になる季節。今回オススメした食材の効能を取り入れて、理想の体にまた一歩近づいてみませんか?

続きを読む≫ 2016/07/24 07:37:24

大きくて豊満なバストは、女性であれば誰でも一度は憧れを抱くものなのではないでしょうか?

 

胸が大きいとか、小さいというのは、ほとんど遺伝子で決まっているものだから、絶対にこれ以上は大きくならない、大きくしたいなら、手術くらいしか方法はないとあきらめている人も多いと思います。しかし、バストにも栄養を与えれば一定の効果が期待できるということをご存知でしょうか?きちんと必要な栄養があれば、小さなバストも、しっかりと張ってきてくれるはずです。

 

 

●女性ホルモンのバランスは整っていますか?

>>>食事が基本、サプリはあくまで補助。

 

女性であれば、生理前と後で胸の大きさが違うと感じたことがある人も多くいるはずです。これは、女性ホルモンの働きにより、胸がパンとはっているのか、張っていないのかという違いがあるからなのです。多くの人が、生理前には、胸が張っていると感じているのではないでしょうか?バストアップには、女性ホルモンの働きが大きくかかわっているのです。

 

 

 

『プエラリア』や『大豆イソフラボン』『ざくろ』は、女性ホルモンの働きをする効果がある成分です。しかし、これらの成分をサプリメントでお手軽に取り続けることは、避けるようにしましょう。というのも、女性ホルモンというのは、本来規則正しい生活を心がけていれば、必要な分は自分の体の中で作られ働いてくれるものなのです。

 

 

 

ですので、サプリメントはお手軽で摂取しやすいですが、できるだけ食事の中でこれらの成分が多く摂取できるようなメニューを考えるようにしましょう。サプリメントなどで、大量に摂取し続けてしまった場合、体の中の女性ホルモンの働きや代謝が悪くなりる恐れがあるからです。

 

 

●食事で女性ホルモンを活発にさせましょう。

 

>>>植物性たんぱく質はバストアップの基本です!!

 

女性ホルモンのためにも、食事は気を配りましょう。女性ホルモンの活動を活発にするためにも、ビタミンEをとるようにしたいものです。例えば、かぼちゃ、アボガド、ナッツ類、モロヘイヤなどは、ビタミンEが豊富に含まれた食材となります。豊満なバストの基本にもなるたんぱく質もとるようにしましょう。肉、魚、牛乳などが動物性のたんぱく質です。植物性の中でも大豆などは、イソフラボンが豊富に含まれている食材として知られています。イソフラボンは、女性ホルモンと似ている働きをします。植物性のたんぱく質は、ほかにも納豆、枝豆、豆乳などがあげられます。

 

 

 

豊満なバストのためには、まずは食事から見直すようにしていきましょう。

続きを読む≫ 2014/07/24 21:50:24

暑い季節になると、洋服は薄着になり、プールや海へのお出かけで水着の着用が必要になってきます。その際に、悩みが多いのが胸の悩みです。胸が小さいために、水着を着たくないので、海には行かないとか、暑いので薄手のシャツ一枚で痛いけれど、胸が目立つので、つい上に何かもう一枚はおってしまうという人もいるでしょう。薄手のワンピースやシャツ、タンクトップ、水着が着られるのも一年の中では、とても短い期間だけです。貴重な夏を思いっきり楽しむためにも、自身のあるバストを手に入れられるようにしましょう。

 

 

●食事には、きちんと気を配っていますか?

食事とバストアップなんて、何の関係もないと考える人も多いことでしょう。しかし、食事というのは、誰でも毎日していることで、私たちの体を作る源の栄養素を食事の中で補って、毎日生活をしているのです。私たちの体は、毎日の食事によって、動き、代謝し、つくられていっているのです。胸についても同じことが言えます。胸も体の一部にすぎません。きちんとバランスの取れた食事を心がけることで、バストアップにつながります。また、食事で基本的に体によいものを摂取しますから、バストアップだけではなく、肌つやや、体の中からの健康にもつなげることができるのです。

 

 

●女性ホルモンに働きかける食材について。

 

ふっくらとした胸になるためには、女性ホルモンを分泌させ、乳腺を発達させ脂肪をつけることが必要になります。ボロンという栄養分は、エストロゲンの分泌を高める働きがある成分です。また、胸の脂肪だけを増やすという働きがありますので、ダイエット中も気にすることなく摂取できます。りんご、ぶどう、梨、大豆、ア−モンドやピ−ナッツのナッツ、とろろ昆布、ワカメやひじき、昆布などに含まれています。

 

食事を見直していきましょう。

 

ただ、熱に弱い特徴がありますので、生の状態で摂取するように心がけるとよいでしょう。バストアップには、良質なたんぱく質を摂取する必要もあります。チーズ、ヨーグルト、バター、牛乳の乳製品に多く含まれています。また、バストアップだけではなく、こういった食材は、美肌効果も一緒に期待ができます。また、イソフラボンも欠かせない成分の一つです。大豆、納豆、豆腐、枝豆、グリンピースなどに含まれています。

 

 

気をつけなければならないことは、長期間の継続した摂取が必要になるために、どれか一つの食材のみをとるということだけでは効果は期待できないということです。バランスよく、満遍なく摂取し続けることが必要となります。

続きを読む≫ 2014/07/23 01:17:23

しゃべくり007で筧美和子さんが「バストアップ都市伝説の審議」を答えていた中で、高校生の頃キャベツ1個食べるダイエットをしていて物凄くキャベツを食べていた事を告白していましたね。

 

 

テラスハウスでブレイクして今やあの立派なバストを武器に大活躍している彼女、キャベツであの美しいバストを手に入れていました。

 

 

ご存知かもしれませんが、キャベツはバストアップに効果があると言われています。キャベツには女性ホルモンと同様の作用をする「ボロン」という物質が含まれており、バストの成長を促します。


 

ただボロンは熱に弱くすぐ破壊されてしまうので、キャベツは生で食べないと意味がありません。ですからロールキャベツを食べても意味がないんです。

 

 

筧さんは高校生のときにキャベツを生で食べてダイエットに励み、副産物として立派なバストを手に入れてしまったようです。

 

 

キャベツはバストアップに効果がある立証の一例です。生でキャベツを沢山食べてバストアップしましょう!!

続きを読む≫ 2014/05/09 21:56:09

詳細はこちら!